気になるキャッシング審査基準

キャッシング審査基準は明確に公表されていないために、審査を受けたい人は審査に通過できるかどうか、不安になってしまうこともあるでしょう。
おおまかなキャッシング審査基準ですが、職業が安定しているか否か、収入があるかどうか、持ち家か否か、固定電話か否か、といった面を審査される傾向にあります。
職業ですが、水商売の人物は審査に通過しづらい傾向にあります。
水商売の人物は突然収入が途絶える可能性がある、将来性が無い、お金遣いが荒いイメージがある、とあまり安定した印象が無いためです。
水商売だと絶対に借り入れが不可能になる、という訳でもなく、審査には通過できるが借り入れできる限度額は高額ではない、などと制限されがちです。
キャッシング審査に通過しやすい職業が公務員です。
真面目、環境がよい、堅実、安定しているといったイメージが強いためです。
持ち家ですと限度額が高くなりがちですが、マイホームローン次第によっては減額されます。
借り家ですと家賃が掛かってしまいますので、持ち家の人物よりも限度額が低額になる傾向にあります。
固定電話があると、安定しているとみなされがちですが、最近においては携帯電話が普及しているために裕福な家でも固定電話を設置していない、というケースもありますのであまり気にしなくてもよいでしょう。
安定した職業に就いている、収入がある、持ち家がある、と、社会人のお手本のような人物ですと、審査に通過しやすいです。
職業が安定していない、収入も不安定、住所不定、となると審査に通過しにくくなります。
申込時に、やたら怒鳴ってきたり、受付社員にいやがらせをするような人物ですと、余裕が無い人物とみなされ限度額が下がることもあります。
申し込み者の収入が多額であればあるほど、限度額も高額になりますので本職の他にアルバイトもしている、副収入がある、など収入が多いと証明できる場合にはそちらの年収も申告すると有利になります。

即日借りれるキャッシング会社

キャッシング会社 金利 実質年率 リンク
アコム
アコム
4.7%~17.8% 1万円~500万円 公式サイトはコチラ
プロミス
プロミス
4.5%~17.8% 1万円~500万円 公式サイトはコチラ
モビット
モビット
4.8%~18.0% 1万円~500万円 公式サイトはコチラ